マラソン大会情報

【20km競歩日本選手権】大会結果速報・東京オリンピック内定選手を紹介

2020年2月16日に兵庫県神戸市の六甲アイランド甲南大学周辺にて「第103回日本陸上競技選手権大会 男子・女子20km競歩」が開催されます。

今年は東京オリンピック2020の選考も兼ねており、例年以上の熱戦が予想されます。

その大会結果速報や注目ポイントを紹介!

スポンサーリンク

大会結果速報

男子20 km競歩

序盤から、山西和利選手、高橋英輝選手、池田向希選手の激しい三つ巴。

17km以降は山西和利選手が抜け出し、そのまま逃げ切り優勝。

タイムは1時間17分35秒の好記録。ドーハ世界選手権優勝の地力の違いを見せつけた。

2位池田選手、3位高橋選手と続いた。

*タイム的には野田選手が2位でゴールしたものの、ゴール後に失格が判明し順位繰り上げ

スポンサーリンク

女子20km競歩

序盤から岡田久美子選手が逃げる展開。

終始先頭を独走し、1時間29分56秒で優勝を果たす。

岡田久美子選手は6連覇達成!また、東京オリンピック2020の20km競歩代表へ内定を果たした。

大会概要・注目選手

本大会は東京オリンピックの選考も兼ねており、派遣標準記録(男子:、女子:)を突破し優勝することで東京オリンピックの代表に内定することが出来る。

注目は女子20 kmに出場する岡田久美子選手。

今年は既に20km、10000m、5000mの3種目で日本記録を更新し、派遣標準記録も突破している。

優勝すれば東京オリンピック内定だけに、記録と勝負のどちらを重視するのか注目。

男子は世界記録保持者の鈴木雄介選手、ドーハ世界選手権優勝の山西和利選手と世界トップクラスの選手が顔を揃え、非常にハイレベルなレースになることが予想される。こちらも日本記録、世界記録の更新があるのか注目だ。

◆種目・スタート時刻
(1)男子20km競歩(日本選手権) 8時50分
(2)女子20km競歩(日本選手権) 10時35分
(3)U20男子10km競歩 12時35分
(4)U20女子5km競歩 13時35分

詳細なエントリーリストは大会公式エントリーリストより、大会概要は大会要項より確認可能。

競歩のルールや内定選手情報については【東京オリンピック2020】メダル有力の大注目種目「競歩」を徹底紹介!で紹介していますので、こちらをご覧ください。

-マラソン大会情報
-

Copyright© Ittoco , 2021 All Rights Reserved.