国内旅行 ~愛媛編~

【東洋のマチュピチュ】別子銅山のおすすめ観光スポットやアクセス情報を紹介

この記事では、愛媛県新居浜市にある「別子銅山」の見どころとアクセス情報を紹介して行きます。
かつて炭鉱として栄えた、別子銅山には当時のまま残っている見どころがたくさんあり観光におすすめです。

スポンサーリンク

別子銅山の歴史

愛媛県新居浜市にある銅山であり、1690年に発見されてから1973年まで282年もの間、銅が採掘された。
その間に合計70トンもの銅を採掘した。最初から一貫して住友金属鉱山によって採掘を進められ発展を遂げてきた。

別子銅山の概要

採掘を開始したのは海抜1,000 mの山の上から始まり、最終的に海抜マイナス1,000 mまで2,000 mもの深さを掘り進められた。
これは日本中で人間が到達した最も深い場所であり、坑道の全長も700 キロにも渡る。
地下になるにつれて地熱の影響で気温が上昇し、地下の採掘現場の温度は60℃にもなっていた。
そのため、地下にクーラーを設置し、冷気を送り込んで作業を進めた。

海抜マイナス1,000 mまで掘り進めたところで、地熱による高温と地下の圧で壁が崩れるなどの被害が相次いだため、それ以上の深さへの採掘は断念した。
下の写真が坑道の入り口です。ここから当時の方はトロッコに乗り込み炭鉱へと進みました。
現在は入り口付近まで行くことが出来るものの、中に入ることはできません。

 

この投稿をInstagramで見る

 

こうちゃん@ふるさと祭り東京新居浜太鼓祭り1/10~13出演(@shikochu_cochang)がシェアした投稿 -

マイントピア別子

続いてマイントピア別子の見どころを紹介していきます。

鉱山観光

実際に掘り進められた炭鉱の一部に入り、中を観光することが出来ます。
年間を通して気温が16~20℃に保たれています。
夏に行くときは、上着などがあったほうがいいでしょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

なお(@photographer_naosan)がシェアした投稿 -

東平地区(なるひら)

鉱山施設が集中していた東平集落の下部にあり、主要な輸送機関でした。
別名「東洋のマチュピチュ」と称されるほど、景色が綺麗です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Blue Leader(@blue_pleiades)がシェアした投稿 -

別子温泉 ~天空の湯~

別子銅山の観光と一緒に温泉に入ってまったりくつろぐことも出来ます。
マイントピア別子銅山の中に併設されているので、移動にも困りません。
料金:500 円(大人)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kazutaka Yoshida(@yossi_1119)がシェアした投稿 -


スポンサーリンク

マイントピア別子のアクセス

車で向かうことも出来ますし、新居浜駅からバスで向かうことも出来ます。
バスで向かう場合は、1時間に1本しか出ていないため時間には気を付けて行きましょう。
参考に平日のダイヤをまとめておきます。

①:8:16発 ⇒ 8:36着
②:9:35発 ⇒ 9:55着
③:10:35発 ⇒ 10:55着
④:11:36発 ⇒ 11:56着
⑤:13:36発 ⇒ 13:56着
⑥:15:36発 ⇒ 15:56着
⑦:16:36発 ⇒ 16:56着

同様にマイントピア別子から新居浜駅まで向かうバスも1時間に1本しかないため、時間に気を付けましょう。
今回は別子銅山(マイントピア別子)を紹介しました。
当時の方々に思いをはせながら1度訪れてみてはいかがでしょうか。

 

 

-国内旅行 ~愛媛編~
-, ,

Copyright© Ittoco , 2021 All Rights Reserved.