マラソン・駅伝まとめ ~メンバー情報/展望/結果~

【富士山女子駅伝2019】出場校・エントリーメンバー・結果速報を紹介!

この記事では、12月31日の年末に開催される「富士山女子駅伝2019」の出場校・エントリーメンバー・注目選手の情報をまとめていきます!

大会公式HPより引用「https://www.fujisan-joshiekiden.jp/」

スポンサーリンク

結果速報

アップダウンの激しいコースに加えて、雨の降るレース。

体温も奪われ、走りにくいコンディションの中レースは進んでいる。

1区

全日本選抜の金光選手(東海大学)が12分50秒で区間賞。1年生ながら、インターハイで日本人トップの走りをするなど力のある選手。

以下の順位で続く、区間2位は昨年の区間賞の佐野選手(拓殖)、

日本体育大学、名城、松山、城西、京都産業、立命、大阪芸術、大阪学院、玉川、東京農業、東洋、大東文化大学、佛教、神戸学院大学・・・

 

2区

全日本選抜は森の都で驚異の走りを見せた、五島(中央大学)が先頭をひた走る。従来の区間記録を10秒上回る区間新記録の走りで2位以下を大きく引き離す。

2位は32秒差で立命館大学が続く。エースでキャプテンの佐藤成葉が6人抜きで2位まで追い上げる。佐藤成葉選手は区間2位の走り。趣味はお寺巡りとのこと。

3位は58秒差で名城大学。右股関節を痛めながら、故障明けの高松智ムセンビ選手も安定した走りで3位でタスキを繋ぐ。

以下、10位のチームまでを紹介。

4位は日本体育大学、5位は拓殖大、6位は大東文化大学、7位は大阪学院大学、8位は京都産業大学、9位城西大学、10位は大阪芸術大学。

2区 五島選手

2区 五島選手

3区(3.3 km)

全日本選抜はスピードランナーの樺沢選手(慶応)

先頭は全日本選抜の樺沢選手が続く。

2位は立命館大学の御崎選手(高校駅伝1区2位など力のある選手)。区間新記録の走りで16秒差を縮めて16秒差まで追い上げる。

3位は変わらず名城大学。

4区(4.4 km)

立命館大学の松本美咲が全日本選抜の仲野(神戸大学)を追い抜き首位に浮上。

仲野選手は文武両道でこの富士山駅伝を目標に努力を続けてきた選手。

先頭は立命館大学の松本選手が区間新記録の走りでタスキを繋ぐ。

2位は全日本選抜の仲野選手が18秒差で続く。

3位は22秒差で名城の山本有真選手(1年)が続く。山本選手も区間新記録の走りで順位を上げる。

4位は1分29秒差で日本体育大学、大東文化大学、大阪学院大学、城西大学、京都産業大学と続く。

区間賞は名城大学の山本選手が獲得。

5区(10.5 km)

5区は各大学のエースが集まる区間。

3km過ぎで名城大学のエース加世田選手が驚異の走りで22秒差を追い上げて逆転。

名城大学が先頭で6区へタスキを繋ぐ

2位は51秒差で全日本選抜杉浦選手が続く。

3位は1分17秒差で立命館大学の三浦選手がタスキを繋ぐ。

4位以下は1分18秒差で大東文化大学、5位は城西大学、以下、京都産業大学、鹿屋体育大学、大阪学院大学と続く。

区間賞は名城大学の加世田選手が獲得。

6区(6.0 km)

名城大学は小林成美選手(1年)が区間記録に肉薄する素晴らしい走りで先頭をキープ。

2位は1分32秒差全日本選抜の齊藤凛選手(1年)がタスキを繋ぐ

3位は1分52秒で大東文化大学は山賀瑞穂選手(1年)続く。

4位は2分5秒差で高安選手が続く。

5位は2分7秒差城西大学の小笠原選手(4年)、以下、6位京都産業大学、7位鹿屋体育大学、8位日本体育大学、9位大阪学院大学、10位

 

7区(8.3 km)

険しい山登りの区間。

立命館大学は和田有菜選手。自ら志願してのこのアンカーを走る。理工系の学部に所属するリケジョでもある。

大東文化大学は昨年区間記録を樹立した鈴木優花選手が追いかける。鈴木選手は10,000 mで学生歴代2位の記録を持つ。

全日本選抜は兵庫大学の大東選手がゴールを目指す。大東選手は卒業後に天満屋に進み競技を継続することが決まっている。

城西大学は三ツ木選手、立命館大学は真部選手。

 

総合結果

第1位 名城大学 2時間23分8秒

第2位 大東文化大学

第3位 全日本選抜

第4位 立命館大学

第5位 城西大学

第6位 京都産業大学

 

各大学の選手の方、雨の降る悪天候の中お疲れ様でした。

 

エントリー区間発表

12月30日に行われる富士山女子駅伝の各大学の区間配置が発表になりました。

以下のページを参照ください!

大会公式HP「https://www.fujisan-joshiekiden.jp/press/press02.pdf

 

富士山女子駅伝とは

まずは、富士山女子駅伝(全日本選抜女子駅伝)の概要を紹介していきます。

年末12月30日(月)に、全日本大学女子駅伝の上位12チーム(参加希望校の中から)とチームの平均5,000 mベスト上位10校、さらに全日本選抜、静岡県選抜を加えた合計24チームで争われる。

 

この投稿をInstagramで見る

 

...さて、東京五輪を見据え、平成最後の戦いが始まった( ・ω・)ノ . 1区(4.1km)は、富士山本宮浅間大社を囲むように1周する距離の短い区間の中で、20mの上り下りがある。いきなり厳しいスタートコース。 . 2018.12.30.sun #全日本大学女子選抜駅伝競走 🎽 #富士山女子駅伝 🏃‍♀️ #富士山本宮浅間大社前 ~ #富士総合運動公園陸上競技場 7区間 43.4km #1区 . #佐野英里佳 #全日本大学選抜 拓殖大 12'58” #青木和 #名城大 13'00” #高谷愛奈 #大阪学院大 13'02” #菅野鈴菜 白鷗大 #中田美優 立命館大 #保坂野恋花 東京農業大 #青松真那 佛教大 #西山未奈美 松山大 #中畑友花 玉川大 #西出優月 関西外国語大 #安田萌加 京都産業大 #花野桃子 日本体育大

Takayuki Otsuki(@zokkokai)がシェアした投稿 -

コース紹介

富士山女子駅伝は全7区間、全長43.4 kmで争われる。

富士宮市を出発し富士市までタスキを繋ぐコース。

富士山を背に行われる駅伝ということだけあって、高低差172 mと起伏に富んだコースとなっています。

1区 4.1 km いきなり20mのアップダウンのあるコース、各校の主導権争いに注目

2区 6.8 km 高低差98 mの長い下りのあるコース、スピードのある選手が一気に駆け下りていきます

3区 3.3 km 距離は短いけれども高架のアップダウンでの仕掛けに注目

4区 4.4 km 風の影響を受けやすい区間、当日の風向きに注目

5区 10.5 km エースが集う最長区間。レースが大きく動く注目ポイントです。

6区 6.0 km 富士山を背にして走る気持ちのいいコース

7区 8.3 km タスキをもらった直後から激しい登りが待ち受ける難区間

他の女子駅伝ではないほど厳しいコース設定になっており、トラックでのスピードだけではなくアップダウンへの対応力も問われるコースとなっています。

スポンサーリンク

出場校

次に富士山女子駅伝2019の出場大学を紹介していきます。

まずは、昨年の上位大学がシード校として本大会に出場します。

12月10日に発表となったメンバーを紹介していきます。

名城大学(昨年優勝:2:20:50)

大会公式HPより引用「https://www.fujisan-joshiekiden.jp/press/press01.pdf」

 

大東文化大学(昨年準優勝:2:24:19)

大会公式HPより引用「https://www.fujisan-joshiekiden.jp/press/press01.pdf」

 

立命館大学(昨年3位:2:25:22)

大会公式HPより引用「https://www.fujisan-joshiekiden.jp/press/press01.pdf」

 

松山大学(昨年14位:2:30:39)

大会公式HPより引用「https://www.fujisan-joshiekiden.jp/press/press01.pdf」

日本体育大学(昨年7位:2:28:01)

大会公式HPより引用「https://www.fujisan-joshiekiden.jp/press/press01.pdf」

城西大学(昨年11位:2:29:59)

大会公式HPより引用「https://www.fujisan-joshiekiden.jp/press/press01.pdf」

大阪学院大学(昨年8位:2:28:02)

大会公式HPより引用「https://www.fujisan-joshiekiden.jp/press/press01.pdf」

関西大学(昨年12位:2:30:25)

大会公式HPより引用「https://www.fujisan-joshiekiden.jp/press/press01.pdf」

大阪芸術大学(昨年18位:2:32:20)

大会公式HPより引用「https://www.fujisan-joshiekiden.jp/press/press01.pdf」

東京農業大学(昨年6位:2:27:47)

大会公式HPより引用「https://www.fujisan-joshiekiden.jp/press/press01.pdf」

東洋大学(昨年9位:2:28:02)

大会公式HPより引用「https://www.fujisan-joshiekiden.jp/press/press01.pdf」

佛教大学(昨年13位:2:30:34)

大会公式HPより引用「https://www.fujisan-joshiekiden.jp/press/press01.pdf」

出場校

5,000mのチーム上位7人の合計タイムが上位10位までの大学

順天堂大学(昨年20位:2:33:16)

大会公式HPより引用「https://www.fujisan-joshiekiden.jp/press/press01.pdf」

京都産業大学(昨年5位:2:26:59)

大会公式HPより引用「https://www.fujisan-joshiekiden.jp/press/press01.pdf」

玉川大学(昨年16位:2:31:16)

大会公式HPより引用「https://www.fujisan-joshiekiden.jp/press/press01.pdf」

東北福祉大学

大会公式HPより引用「https://www.fujisan-joshiekiden.jp/press/press01.pdf」

福岡大学(昨年19位:2:32:51)

大会公式HPより引用「https://www.fujisan-joshiekiden.jp/press/press01.pdf」

拓殖大学

大会公式HPより引用「https://www.fujisan-joshiekiden.jp/press/press01.pdf」

京都光華女子大学(昨年17位:2:31:29)

大会公式HPより引用「https://www.fujisan-joshiekiden.jp/press/press01.pdf」

鹿屋体育大学

大会公式HPより引用「https://www.fujisan-joshiekiden.jp/press/press01.pdf」

神戸学院大学

大会公式HPより引用「https://www.fujisan-joshiekiden.jp/press/press01.pdf」

関西外国語大学(昨年15位:2:31:03)

大会公式HPより引用「https://www.fujisan-joshiekiden.jp/press/press01.pdf」

出場校【選抜チーム】

全日本大学選抜

全日本選抜枠については既に発表となっており、各地区の強化選手12名が登録されております。

昨年順位:4位(2:26:54)

大会公式HPより引用「https://www.fujisan-joshiekiden.jp/press/press01.pdf」

静岡県学生選抜

大会公式HPより引用「https://www.fujisan-joshiekiden.jp/press/press01.pdf」

 

区間配置が発表になり次第随時更新予定!

注目は、全日本大学女子駅伝の1区で圧倒的な走りを見せた五島莉乃 (中央大)とエース区間で区間賞の走りを見せた加世田梨花(名城大)

今回もどのような走りを見せてくれるか注目だ!

寒暖差も激しくなってきているので体調だけには気をつけて頂き、ベストのパフォーマンスが発揮できることを願っています。

 

-マラソン・駅伝まとめ ~メンバー情報/展望/結果~
-, ,

Copyright© Ittoco , 2021 All Rights Reserved.