マラソン・駅伝まとめ ~メンバー情報/展望/結果~

福岡国際マラソン2019 大会結果・途中経過

 東京オリンピックの出場権をかけ、本日12月1日に福岡国際マラソンが開催されています。

 昨年は今年のMGCで第2位に入った服部 勇馬【トヨタ自動車】が優勝したレース。去年に続き、日中は19℃まで気温が上がる厳しいコンディションとなった。

 大迫 傑【ナイキオレゴンプロジェクト】の持つ日本記録(2時間5分50秒)を更新することが、オリンピック代表のための条件となるため、序盤から日本記録を目指して1キロ2分55秒~3分のハイペースでレースは進んだ。

スポンサーリンク

スタート~ハーフ地点通過

 序盤~ハーフ地点通過まで、藤本 拓【トヨタ自動車】、佐藤 悠基【日清食品】、市田 孝【旭化成】らが先頭集団についていく展開。

 先頭集団は3名のペースメーカーが引っ張り、全員で9人の集団で進む。

 ハーフ地点を1時間3分1秒と日本記録を更新するペースで進む(日本記録ペースは1時間3分4秒)。

 第2集団には、設楽 啓太【日立物流】、北島 寿典【安川電機】、福田 穣【西鉄】、堤 悠生【JFEスチール】、牧野 冴希【大日本印刷】らがついていく。

 第2集団も先頭から30秒遅れ程度と非常にハイペースでレースは進む。

ハーフ~30キロ地点

 25キロ付近で、市田孝、佐藤悠基らが先頭か遅れ始める。

 この時点で、ペースメーカーを除くと先頭集団は藤本拓とダザ【モロッコ】(自己ベスト2時間5分26秒)の2名に絞られる展開。

 30キロ地点通過は1時間29分33秒(日本記録ペースは1時間29分46秒)と日本記録を上回るペース。

 さらにダザがここでペースアップ。藤本拓もすぐに反応しついていく展開。

 先頭集団は依然、日本記録とほぼ同じペースで進む。このペースでどこまで押していけるか。

 第2集団では、23キロ地点で設楽啓太・牧野冴希、26キロ地点で福田穣も遅れ始める。

30キロ地点~35キロ地点

 先頭のダザは35キロ地点を1時間44分40秒で通過。

 続いて、藤本拓が1時間45分12秒で続く(日本記録は1時間44分17秒)。

 3位争いは佐藤悠基とデレセ【エチオピア】が1時間46分43秒で通過。

40キロ地点

先頭のダザが40キロ地点を通過

続いて、藤本拓が2時間1分47秒で続く。

3位はデレセ、福田穣が佐藤悠基・チョゲを抜いて4位に浮上。

Finish

第1位はダザ【モロッコ】で2時間7分10秒で優勝。

第2位は藤本拓【トヨタ自動車】で2時間9分36秒。

第3位は福田穣【西鉄】で2時間10分33秒。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Taku Fujimoto(@wassyoi_ex)がシェアした投稿 -

モロッコのダザ選手は東京オリンピックにも内定しており、日本選手の脅威となってくることでしょう。

正式な大会結果は公式ページ「http://www.fukuoka-marathon.com/results/」にて12月1日の午後6時頃に更新される予定です。

 

最後に、選手の皆さん本当にお疲れさまでした。

見ごたえのある素晴らしいレースをありがとうございました。

ランニングに好きの方は以下におすすめランニングコースを紹介しているので参考にしてください「https://tabi-run-ittoco.com/recommend-runnning/

-マラソン・駅伝まとめ ~メンバー情報/展望/結果~
-, ,

Copyright© Ittoco , 2021 All Rights Reserved.