フィンランド

【トランジットでも観光可能】フィンランド ヘルシンキへittoco!!~オススメの観光地・乗継ぎ時の注意事項を紹介~

この記事では北欧の国フィンランドを紹介して行きます。

ヨーロッパへの玄関口として、ハブ空港でもあるヘルシンキ・ヴァンター国際空港は、飛行機の乗継ぎのために宿泊する場所でもあります。

そんなフィンランド「ヘルシンキ」の観光スポットと魅力を紹介。また、初めてだとあまり知らない海外での乗継ぎ時の注意点を紹介します。 

スポンサーリンク

フィンエアーで出発

冬場の出発には注意が必要

ヘルシンキに向けていざ成田空港から出発!と思った矢先にいきなりトラブルになることがあります。

冬季にはフィンランドから飛行機が飛び立つ際に、エンジンオイルが凍結し、搭乗するはずの飛行機が成田へ向けて離陸できない場合があります。

そのような場合、長いときには成田空港内で半日待たされるなんてことも。

焦らずに空港で旅行プランを再考しましょう。

フィンエアー機内の様子

フィンエアーの機内はエコノミーでも他の航空機に比べて座席の間隔が広く乗り心地は良いです。

どうやら、北欧の方は身長の大きい方が多いので、座席の間隔が大きめに設定されているようです。

機内食は写真のような北欧テイストの料理で美味しかったです。

そのほか、マリメッコのポーチ、ハブラシ、アイマスクといったアメニティ充実していました。

フィンランド ヘルシンキから乗り継ぎする方への注意点

飛行機に揺られること11時間してフィンランドへ到着。いざ、最初の目的地へ向けて乗り継ぎと思ったら受付には長蛇の列が。

成田の出発が遅れた場合に、乗り継ぎの便がすでにヘルシンキ空港を飛び立っており、搭乗できない場合があります。

こういった場合は、グランドスタッフと交渉することで、代替便の予約、空港近くのホテルへの宿泊手配と、晩御飯代の費用として1,000円を支払ってもらえます。

後から、請求することでタクシー代も返ってきます。

とりあえず、ホテルの宿泊と翌日の航空券を手に入れることが出来たら、その日はゆっくり休みましょう。

今度こそいざ乗継便で出発!

 さあ翌日に今度こそ目的地へ向けていざ出発!と第2乗り換え地点に向けて飛び立ちました。

第2乗り換え地点で乗り換えようとしたところ、発券機でエラーの表示が。

不安に思いながら検査員の方に質問したところ、帰ってきた答えが「乗車券は予約されているが、座席が予約されていない」とのことでした。

この空港に勤めていた日本人の方に電話を繋いでもらい質問したところ、「お客様がお持ちの搭乗券は、誰か他の乗客でキャンセルが出た場合に搭乗できる券になっています」とのこと。

 

 後から調べたところ、ヨーロッパではよくあることのようで、座席には空きがないが、キャンセルが出た場合に搭乗することができる乗車券というのを発券するそうです。

そのため、ここで大事なのが、乗継便を変更してもらった時には、「自分の座席番号は予約されいているか」「自分の席は何番なんだ」ということを確認しておきましょうそうすることで、担当者の方も、この日本人は座席が空いている便しか予約したくないと気付いてくれます。

(私は結局搭乗ゲートの目の前まで通され、乗客が1人ずつ乗り込むのを眺め、最後の最後に空きがないことを告げられ、結局ここでも8時間ほど滞在することに、、、)

JESHOOTS-com / Pixabay

フィンランド観光へ!

 波乱の幕開けとなった出発でしたが、間のオーストリア観光・チェコ観光を挟み、いよいよ最終目的のフィンランドへ戻って1泊(*こちらは当初から宿泊予定でした。)オーストリア・チェコ観光についても別途記事にまとめておりますので、そちらを参考にしていただければと思います。

駅前に降り立ってみると

クリスマスシーズンということもあり、町はイルミネーションで彩られ、商店街の真ん中では路上コンサートも盛大に開かれていました。

街全体がきらびやかで歩いているだけでそわそわしてきます。駅の真正面にはスケートリンクも設置されており、ちびっこからカップルまで賑わっています。

ホテルにチェックイン

宿泊はホテル「カンプ」がおすすめ。駅から徒歩20分程度で向かうことが出来ます。

従業員の方も非常に親切かつ笑顔で接客してくれます。

基本的にやり取りは簡単な英語が話せれば十分です。

部屋も非常に綺麗かつ、ホテル内にはフィンランド名物サウナも完備しております。

徒歩圏内に多くのおしゃれなお店も立ち並び、立地よし、接客よし、部屋の雰囲気よし、で非常にオススメのホテルです。

ホテルカンプ
ホテル「カンプ」内の様子

街の中心地から徒歩圏内で行ける観光地

 街の中心地から徒歩圏内で行くことのできる場所をいくつかご紹介します。

海沿いのマーケット

 徒歩5分も行くと、すぐに海岸にたどり着きます。早朝の時間帯には海岸沿いでマーケットが開かれており、ここでしか買うことのできない毛皮の商品やキーホルダー等が販売されています。

 写真に乗っているようなキーホルダーやマグカップを販売していました。

 お土産としてもおすすめですし、現地の方の生活感も伝わってくるので朝時間のある方は行ってみてはいかがでしょうか。

フィンランド
フィンランド

ヘルシンキ大聖堂

 ヘルシンキのランドマークといえばヘルシンキ大聖堂。

こちらは中心街から徒歩圏内で行くことができ、大聖堂には無料で入ることもできます

寒さからなのか空気も澄んでおり、厳粛な雰囲気があります。日曜日の午前10時からはミサも行われるようです。

大聖堂前の階段はフォトスポットですが、雪で滑りやすくなっているので気を付けて下さい。

また、トイレは有料(1ユーロ)です、ホテルで済ませてから外出したいですね。

ヘルシンキ大聖堂
ヘルシンキ大聖堂の様子

少し遠出をしてでも行きたい観光地

マリメッコ本社

日本でも人気のブランド「マリメッコ」。

この本社はフィンランドにあります。本社の隣にはアウトレットもあり、日本で購入するよりも、20~40%程安く購入することが出来ます。

また、マリメッコ柄の生地も販売していました。本社の隣には、アウトレットの他に写真食堂も建てられており、一般の方も利用可能です

旅の思い出に召し上がってみてはいかがでしょうか。(*ただし、会社が休みの日は社員食堂も閉まっているため注意が必要です)

今回はフィンランドの観光や乗り継ぎ時の注意点などを紹介しました。人も優しくて、食事も日本人好みに近いフィンランド。

日本からの直行便も多いので、是非一度訪れてみてはいかがでしょうか。

-フィンランド
-, ,

Copyright© Ittoco , 2021 All Rights Reserved.